*

お月見2016はいつ?すすきやお団子を飾る意味とお月見の由来は?

日本には季節ごとにさまざまな年中行事が存在しますよね!

秋の風物詩、お月見もその一つ

現代ではすっかり影をひそめつつあるお月見ですが、実はとても粋で風流な秋の行事なんですよ!

 

そこで今回は、

■お月見2016はいつ?
■お月見の由来は?
■十五夜のお月見にすすきやお団子を飾る意味は?

といった、お月見に関しての詳しい情報をお伝えします!

最後まで読んでいただければ、お月見の良さを再認識できるはず。

今年はぜひお月見を満喫してみませんか?

 

では、ご覧下さいね。

SPONSORED LINK

 

■お月見2016はいつ?

秋が近づいて気候も過ごしやすくなったころ、スーパーなどの店頭や和菓子コーナーでお月見団子を見かけるようになりますよね。

ああ、お月見の時期なんだな~と感慨深くなりますが、お月見っていったいいつするの?って、思いませんか?

 

お月見はよく、十五夜だとか中秋の名月と呼ばれることもあり、その違いもいまひとつ良く分かりませんよね。

では、一つずつ整理していきましょう。

○中秋とは…秋の真ん中の事を指し、旧暦では秋にあたる7月、8月、9月の真ん中の日のこと。旧暦の8月15日。

 

○中秋の名月とは…旧暦の8月15日に出る月のこと。

 

○仲秋の名月とは…旧暦の8月に出る月の事。中秋とは違う意味。

 

○十五夜とは…旧暦8月15日の夜のこと。

 

○お月見とは…主に満月を眺めて楽しむことですすきや団子、里芋、御酒などを供えて宴を催すこと

 

つまり、旧暦の8月15日の夜の月を見ながらお団子やご馳走を目の前に宴を開く、というのがお月見の過ごし方、ということになります!

 

そして、旧暦の8月15日を今年の日付に置き換えますとズバリ、2016年9月15日となるわけです!

 

また、お月見は十五夜と十三夜の二回あわせて行うことで縁起が良いとされており、2016年の十三夜は10月13日となります。

 

1

■お月見の由来は?

元来、お月見は奈良から平安時代の初頭に中国から伝わってきたもので、かなり昔から行われていました。

その後は、秋は収穫の時期でもあることから満月に豊作を祈願してきたと言われています。

お団子やすすき、里芋を供えるようになったのはそのためです。

 

SPONSOERD LINK

 

お月見には小さなお団子を高く積み上げたお月見団子をお供えしますが、十五夜で15個のお団子を、十三夜では13個のお団子をそれぞれ積み上げるそうですよ。

また、里芋をお供えすることから、芋名月と呼ばれることもあるようです。

 

そして、平安時代に貴族の間で行われていたお月見では、直接月を観賞するのではなく、池や御酒の入った杯に月を映し、眺めて楽しんでから御酒を飲んでいたそうです。

当時の貴族はとても粋なことをしますね!

2

 

■十五夜のお月見にすすきやお団子を飾る意味は?

十五夜に付き物のすすきお団子

なぜすすきやお団子をお供えするのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

 

すすきはイネ科の植物で、秋の七草の一つ。

その切り口が鋭いことから魔除けの力があるとされており家の軒先につるしておくと、1年間病気をしないと信じられてきました。

また、月の神様を招く依り代として供えられたりもしていたそうです。

 

お団子は、 収穫したお米の粉で作ったもので、丸い形をしているのは満月を模したためとされています。

収穫に感謝し、月に感謝する当時の人々の気持ちが表れた形だったのですね。

現在では白いお月見団子が積まれた一番上に黄色の団子が一つ乗っているのを見かけることがありますが、これも満月を模しているためと思われます。

 

3

■まとめ

いかがでしたか?

お月見は月を見ながら団子を食べる日と簡単に思っていましたが、今回いろんなことが分かりましたね。

 

十五夜は月が一番綺麗に見える日でもあります。

今年の十五夜は部屋の明かりを消して、窓際やベランダ、お庭などで是非お月見を堪能してみてくださいね

 

SPONSOERD LINK

 -季節の行事

 

  関連記事

1

ハロウィンかぼちゃの作り方は?名前と由来。くりぬいた後食べれる?

秋の楽しみの一つにカボチャがシンボルのハロウィンがありますよね!   毎年10月31日がハ

夏コミ1

<夏コミまとめ。2016年の会場はどこ?おすすめの服装は?>

・夏コミ2016。今年の会場と日程は?     今年も暑くなる事間違いない「夏コ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です