*

脱水症状の高齢者。認知症との関係は?運動と食事で冬の脱水対策!

暑くなってくると心配になってくるのが脱水症。

 

脱水症になるとさまざまな体調不良に襲われるばかりか、命の危険さえも伴います

特に体力や身体の機能が衰え始める高齢者は注意が必要です

 

そこで今回は、

■高齢者の脱水症状は?他覚症状に微熱や発熱はある?
■高齢者が脱水症になりやすい理由や見分け方は?
■認知症と脱水の関係。1日に必要な摂取量はどのくらい?
■適度な運動と食事で冬のかくれ脱水予防!

といった、脱水症についての情報を紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

■高齢者の脱水症状は?他覚症状に微熱や発熱はある?

 

脱水症は体内の水分量が減少している状態で、

・初期症状には頭がいたい
・身体がだるい
・吐き気がする

といった自覚症状が出てきます。

そのほかに、体内の水分量が減っているため身体にこもった熱を処理できず、微熱や発熱といった症状も起こります。

 

初期の脱水症は風邪の症状にも似ているので見落とされがちです。

 

症状が進んでくると、まれに足がつったり、意識障害を起こすこともあるので気をつけなければなりません。

さらに、体内から水分が20%以上減少すると命の危険もあります

 

また、手の甲の皮膚をつまんで持ち上げてみて、すぐに戻らない場合は脱水を起こしている、

痰が絡む、咳が止まらない、唇がカサカサしている、などと言った場合も脱水症を起こしていることが考えられます。

 

 

 

1

■高齢者が脱水症になりやすい理由や見分け方は?

夏の暑さは身体から必要な水分を奪いがち。

 

高齢者の身体は特に注意が必要で、体内に水分を留める細胞が減少しているために、もともと水分量が少なく、ちょっとしたことで脱水症になりやすい傾向にあります

 

SPONSOERD LINK

 

また、高齢になると自分で喉の渇きを感じにくくなって来ることもあり、さらには水分補給をしても腎臓の機能が低下しているので必要な水分量を吸収する前に体外に尿として排泄されてしまうという悪循環が起こります

 

そのうえ、暑さを我慢してギリギリまで喉の渇きを我慢したり、エアコンを好まないお年よりも多く、猛暑の中暑さを我慢する傾向にもあります。

 

夜中のトイレの回数を気にするあまり、水分を摂らなくなってしまうこともあるようです。

 

活動が低下する、唾液が減る、肌がカサついている、と言った場合は軽い脱水状態にあることが考えられますのでこまめに水分補給をするようにしましょう

 

脈拍が速くなっている、血圧が低下している場合には自覚症状が無くても非常に危険な状態にありますので、医師にかかることをおすすめします。

 

2

■認知症と脱水の関係。1日に必要な摂取量はどのくらい?

 

意外と思われますが、実は認知症と脱水症は無関係ではありません

 

認知症の人は脱水傾向の人が多く、脱水症が引き起こす意識レベルの低下により認知症の症状が悪化すると言われています。

特に夕方に興奮状態が起こる場合には脱水症状にあることが疑われます。

 

人間の身体には、食事以外で1日に1500mlの水分が必要と言われています。

1500mlを一気に摂るのは大変ですし、一気に摂っても尿として排泄されるだけなので、食事中や食後、食事と食事の間にこまめに少しずつ摂るのがポイントです。

 

ただし、汗を大量にかく季節や運動後は、汗と一緒に電解質も失われているので、ポカリスエットのようなスポーツドリンクで電解質も一緒に補給するのが望ましいでしょう

 

3

 

■適度な運動と食事で冬のかくれ脱水予防!

脱水症状は夏になるものと思い込んでいませんか?

実は寒い冬の時期にも脱水症状が起こる危険があります

 

それは何故かというと、冬の湿度は低くなるため乾燥しがち。

知らず知らずの間に体内の水分も蒸発しているためです。

 

汗をかくことがないので冬場は積極的に水分補給をしないこともあり、体内の水分量が減少していきます

それによって脱水症状が引き起こされるわけです。これがかくれ脱水ですね。

 

では、かくれ脱水を予防するためにはどうすればいいのでしょうか??

 

まず、こまめに水分補給すること。

次に、部屋には加湿器を設置します。

 

加湿器が設置できない場合には、部屋に洗濯物を干しておく、適度に換気をするなどで部屋の湿度を調節できます。

 

毎日の食事にはスープや味噌汁とメニューに取り入れ、食事と一緒にコップ一杯程度の水やお茶をいただきましょう。食後には果物やゼリーなどのデザートを。

 

食事と食事の間にはティータイムを積極的に取り入れ、楽しい雰囲気でコーヒーや紅茶、お茶をいただきましょう。

ただしコーヒーは利尿作用があるため飲みすぎには注意してくださいね

 

そして、ジョギングやウォーキングなどの適度な運動をすることで基礎代謝が上がり、体内の代謝水のバランスが良くなるので、日頃から積極的に身体を動かしておくのも大切な予防法です。

 

 

4

■まとめ

いかがでしたか?

今回は脱水症についてご紹介しました。

 

喉が渇いた、と感じたときには既に脱水症状が始まっているかもしれませんので、渇きを感じる前にこまめに水分補給をして脱水症を予防しましょう

 

SPONSOERD LINK

 -

 

  関連記事

1

エアコンの水漏れの原因は?ドレンホースの掃除方法や修理業者の相場

シーズンになると大活躍するエアコン。使いはじめに運転をしてみたらエアコンから水漏れが!焦りますよね。

3

エアコンが冷えない原因。ガスの交換と室外機が動かない時の対処法。

夏がくると、蒸し暑い室内を快適に冷やしてくれるエアコンの存在は欠かせませんよね!でも何だかエアコンの

日焼け止め1

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めで白くならないおススメは?

みなさん、日焼け止めを選ぶときに何を基準に選んでいますか?成分や種類など色々な製品が発売されています

no image

夏休みのお出かけスポット関西!雨でも子供と楽しめる屋内施設は?

夏休みは子ども達にとって一番楽しい時期ですね。長い、長いお休みの期間中どこに連れて行こうかと悩むパパ

1

エアコンフィルターの掃除方法。掃除機や重曹は必要?効果や頻度は?

夏が来ると大活躍するエアコン。   涼しい風で真夏の室内を快適な温度にしてくれますが、皆さ

1

セミの寿命。一週間はウソ?成虫が短い理由と土の中にいる期間は?

セミの鳴き声は、夏の風物詩の一つですね。ミーンとセミが鳴くと夏らしさを感じます。 子どもの頃、虫取り

3c2505cb5bc9cdcfe2f25db1c1391a60_s

夏バテした犬の症状は?愛犬の体を冷やす最適な食事と対策グッズは?

春夏秋冬の中でも特に季節の移りが激しく、日本では梅雨になりますと気分が自然と「憂うつ」な状態

2

東京のお盆はなぜ7月?お盆中の空いている穴場スポットを紹介!

もうすぐ待ちに待ったお盆休みが始まりますね!もう予定は決まっていますか?既に決まっている方も決まって

1

処暑2016はいつ頃?この時期おすすめの食べ物や挨拶文例を紹介!

夏も終わりに近づいた8月下旬ごろになると、ニュースや天気予報のコーナーで処暑という言葉をよく耳にしま

3

地蔵盆のお供えの金額相場は?のしの書き方を紹介!

子供たちにとっては1ヶ月以上の長い間、学校が休みになる夏。大人たちにとっては会社の長期休暇がある夏。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ニックネーム:いおりたん
    性別:女性
    年齢:30代後半
    詳しくはこちら