*

赤ちゃんの脱水症状。母乳だけでいい?対処や予防。見分け方は?

夏の暑さは熱中症のように、さまざまな身体の不調を引き起こす恐れがありますが、脱水症もその一つ。

 

大人でも気をつけなければなりませんが、赤ちゃんは大人よりも体内の水分量が多いので特に気をつけなければなりません

 

そこで、今回のテーマは

■赤ちゃんの脱水症状の見分け方は?
■水分補給は母乳だけでいいの?
■赤ちゃんの脱水症状の対処法は?
■赤ちゃんの脱水症状を予防するには?

以上の4つを中心にお伝えしたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

■赤ちゃんの脱水症状の見分け方は?

 

人の身体は成人で約60%の水分が体内にあると言われていますが、赤ちゃんの場合は大人よりもはるかに多く、約80%の水分があるとされています

 

たくさんの水分が体内にあることによって赤ちゃんの肌はいつもすべすべでつやつやとしている訳ですが、ちょっとした事で水分不足になり、脱水症を引き起こすことがあります

 

赤ちゃんは自分で自分の体調を上手く伝えることができませんので、普段から大人が注意深く見ることが重要となってきます

 

脱水症状を見分けるポイントは、

 

・泣いてもほとんど涙が出ない

・よだれがほとんど出ない

・おしっこの回数が少なく濃い

・暑くても汗をかいていない

・唇がカサ付いている

・目がくぼんでいる

・頭頂部にある大泉門がくぼんでいる

・体重が減少している

・微熱がある

・食欲が低下している

 

などがあります。

普段と違った点があれば軽い脱水症状を起こしていると疑われますので、すぐに水分補給をするなどの対処が必要です。

 

1

 

■水分補給は母乳だけでいいの?

 

まだ生後間もない月齢の低い赤ちゃんであれば母乳やミルクしか飲めませんので、母乳やミルクだけで水分補給は十分にできています

欲しがるだけ与えても問題はないので体調を見ながら飲ませてあげましょう。

 

SPONSOERD LINK

 

生後5~6ヶ月以降の離乳食が始まっている赤ちゃんであれば、湯冷ましが飲めるようになっているので、母乳やミルク以外のもので水分補給もできます。

 

また、市販されている赤ちゃん用の麦茶や赤ちゃん用飲料も月齢に合わせて飲ませることができるので外出先でも手軽に水分補給ができて便利ですよ。

 

特に、赤ちゃん用イオン飲料は汗と一緒に失った電解質と水分を両方補給することができるので、たくさん汗をかいたときやお風呂上りに摂ると効果があります。

 

大人用のイオン飲料は糖分と塩分が強いため、与えるときは必ず水で薄めるようにしてくださいね

 

2

 

■赤ちゃんの脱水症状の対処法は?

 

赤ちゃんに脱水症状が見られたら、早めの対処が必要です。

 

一度に大量に与えずに、何度かに分けて少量ずつこまめに水分を与えることが大切で、嘔吐や下痢がある場合には無理をせずにスプーン一杯程度から与えて様子を見ます。

その後嘔吐するようなことがなければ5分~10分おきに少量ずつ与えていきます。

 

意識がもうろうとなっている状態なら、すぐに救急車を呼ぶか救急外来に連絡をし、医師の指示に従ってください

 

また、全国同一の短縮番号#8000で繋がる小児救急電話相談事業は、住んでいる都道府県の相談窓口に自動転送されますのでお子さんの症状に適切な対処の仕方や、病院への受診の要否などもアドバイスしてくれますので覚えておくといいですよ。

 

3

 

■赤ちゃんの脱水症状を予防するには?

 

赤ちゃんは自分で自分の体調を言葉で表すことができないので大人が注意深く見ることで脱水症を予防することができます。

 

まず、第一に日頃からこまめに水分補給をさせてあげること

これだけで脱水症状をかなり防ぐことができます。汗をかいているときはもちろん、お風呂上りにも必ず水分補給は必要です。

 

また、服を着せすぎないことも大切で、赤ちゃんは体温が高いため汗をかきやすく服を何枚も重ね着していると身体の中に体温がこもってしまいます。

大人と同じ枚数か一枚少ないくらいが丁度良いでしょう。

 

車内ではベビーシートに囲まれているため、思っている以上に赤ちゃんは暑いことがありますので、様子を見ながらエアコンの温度を調節してあげましょう

 

4

 

■まとめ

 

いかがでしたか?

 

夏の暑さは大人でも辛いですが、赤ちゃんの身体にもかなりの負担です。

上手に対処して脱水症を予防しましょうね

 

 

SPONSOERD LINK

 -健康・病気

 

  関連記事

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

足の臭いを消す方法。ミョウバンやお酢、重曹足湯の効果は?

暑い季節に限らず、冬でも油断のできない足の臭い。 立ち仕事の方や、ストッキングにヒールでお仕事する方

1

口臭の原因。胃や虫歯との関係は?子供や女性の場合や病気の疑いは?

自分では気づきにくく、人様には指摘しづらい「口臭」 とても気になりますよね。   臭い・・

2

口臭の対策と予防。食べ物やサプリ、歯磨きで簡単口臭ケア。

人と話しをする時、とても気になるのは口臭ですよね。 お仕事で人と話しをする機会の多い方は特に気をつけ

1

しもやけの治し方は?原因と対処法。手や足の指に効く市販の薬は?

朝晩の気温の差が大きくなるとなりやすくなるのがしもやけです。 初冬や春先などに症状が出ることが多く、

1

寝違えの治し方と原因は?首や背中(肩)をストレッチで治す方法。

朝起きて、痛たたたたたたたっ…! 寝違えを起こした経験、ありますよね。   寝違えてしまっ

1

夏風邪の症状と治し方。子供を早く治す方法は?微熱が長引く原因!

夏にかかる風邪のことを一般的に夏風邪と呼びますが、夏風邪とは具体的にどんな風邪なのでしょうか。 いま

3

夏太りの原因は?冷えやむくみの解消法。運動でダイエット対策

本格的に夏が近づくと気になってくるのが夏太り。 夏は汗をたくさんかくし、食欲も落ちるから夏ヤセするも

1

鼻づまりを治す方法。簡単ツボ押しやペットボトルで?子供の解消法。

鼻詰まり。 本当に厄介ですよね。   寝ようと思ったときに鼻が詰まる。 疲れているのに気に

1

ウイルス性胃腸炎はうつる?大人の症状や潜伏期間は?感染の原因は?

冬の寒い時期にかかることが多いウイルス性胃腸炎。 人から人へうつりやすく、かかってしまうとお腹に症状

4

しゃっくりの止め方は?ツボ押しで解決!子供や赤ちゃんの場合は?

予期せぬときに急に始まるしゃっくり。 放っておけばそのうち治まるのは分かっていても、しゃべりづらいし

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ニックネーム:いおりたん
    性別:女性
    年齢:30代後半
    詳しくはこちら