*

猫が吐く原因は?ストレスや胃液との関係。吐く頻度や色の特徴は?

猫を飼っている、あるいは猫を飼っていた方なら経験があると思いますが、時々飼い猫が吐いているところをよく見かけますよね。

 

猫はよく吐く生き物なので、病気であることは極めて少ないことがほとんどですが、回数や内容物によっては注意が必要なこともあります。

 

そこで今回は

■猫が吐く原因は?ストレスや胃液との関係は?
■猫が吐く茶色や黄色の液体の正体は?
■猫が胃液を吐いたときの対処はどうする?
■猫が吐く頻度で危険信号は?

ちょっと気になる猫が吐く原因や対処法についてお伝えしたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

■猫が吐く原因は?ストレスや胃液との関係は?

猫が吐くのにはいろいろな原因があります

以下に猫が吐く原因についていくつかご紹介しますね。

 

食事が原因

脂分の多い食事や添加物たっぷりの激安フード、年齢にあっていない食事から吐くことがあります。

吐いた後に元気な様子なら問題ありませんが食事を見直すことが必要です。

 

毛玉が原因

毛繕いの際に大量に飲み込んだ毛を毛玉として吐き出します。

猫にとっては通常の事なので心配はありませんが、頻繁に吐くようならブラッシングを小まめにして、飲み込む毛玉を最小限にしてあげましょう。

 

猫草が原因

猫は毛玉を吐きたいときや胸やけしたときに草を食べます。

吐いたものに草が含まれており、その後元気なようなら問題はありません。

猫が食べる草の事を一般的に猫草と呼んでいます

 

臓器のトラブルが原因

胃腸、膵臓、肝臓、腎臓などに異常があると吐くことがあります

頻繁に吐く、食欲にムラがある、下痢を伴う、痩せてきたなどの兆候がある場合は早急にかかりつけの動物病院で診てもらいましょう。

 

空腹が原因

寝起きや食前に吐くことがあります。

内容物が無く胃液だけを吐いているような場合は食事の回数や間隔を見直しましょう。

 

ストレスが原因

飼育環境が不適切なことからくるストレスで吐くことがあります。

飼い主がかまってくれない寂しさからストレスを感じてしまう猫もいるようです。

 

1

■猫が吐く茶色や黄色の液体の正体は?

猫が吐く黄色の液体の正体は胆汁(たんじゅう)です。

 

胆汁は空腹時に分泌されることが多く、分泌量が多いと吐くといった現象が起こります。

体調不良からも吐くことがあるので注意しましょう。

 

SPONSOERD LINK

 

黄色の液体以上に注意しなくてはいけないのは、吐いた液体が茶色の場合です。

これは嘔吐物に血が混じっていることで起こります

 

消化器系のトラブルを起こしていることが考えられ、重い潰瘍や腫瘍がある場合があるので動物病院で診てもらうことをおすすめします

 

ただし、胆汁が茶色く見えている場合もあるので猫の状態をよく観察してから連れて行くようにしましょう。

2

 

■猫が胃液を吐いたときの対処はどうする?

猫が吐いた液体の色によって原因が異なります。

原因と対処方をご紹介しますね。

 

透明な色または白い泡…胃液

空腹による胃酸過多で透明な液体、または白い泡などを吐くことがあります。

空腹時に吐くことが多く、食事の回数や間隔を見直すことで改善されます。

 

黄色…胆汁

空腹時や体調不良の場合に胆汁が逆流して黄色の液体を吐くことがあります。

1日2回以上吐く場合は胆汁嘔吐症候群の可能性があります

 

食堂炎や胃炎を引き起こす場合があり危険を伴います。

1日1回程度で吐いた後に元気な様子なら心配いりません。

 

茶色(コーヒー色)

血が混じっている、消化器系の疾患など

吐いた液体に血が混じることで茶色っぽく見えます。

消化器系の疾患などが考えられるのですぐに動物病院での診察が必要です

 

緑…ウイルス性の伝染病

猫汎白血球減少症が考えられます。

嘔吐以外に発熱や下痢を伴うことがあります。

 

子猫の場合だと9割が死に至ることで大変危険な病気です

ウイルス性のため受診する際には事前に必ず連絡を入れておきましょう。

 

 

3

 

■猫が吐く頻度で危険信号は?

猫が毛玉や猫草を吐くのは通常の事です。

胃液や胆汁も1日1回程度であるなら心配ないことがほとんどですが、1日2回以上、しかも頻繁に吐くとなると注意が必要です

 

しかも吐くしぐさをしているのに嘔吐物を伴わない、または唾液や胃液が極少量だけ出る場合はおもちゃやビニール袋などの誤飲も考えられます。

 

家の中で無くなっているものはないかすぐに確認し、可能性が認められる場合はすぐに受診しましょう。

4

 

■猫が吐くのは生理現象

いかがでしたか?

『関連記事』
猫の抜け毛対策。ブラシでおすすめは?抜け毛の時期や病気との関係。

猫が吐くのは生理現象の一つでもあるので、吐いた後に元気にしているようなら特に問題はありません

逆に、吐かないとよい健康状態を保つことが出来なくなります。

 

日頃の状態をよく観察し、猫ちゃんが元気に過ごせるように見守ってあげましょう

 

SPONSOERD LINK

 -動物・植物

 

  関連記事

記事はありませんでした

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ニックネーム:いおりたん
    性別:女性
    年齢:30代後半
    詳しくはこちら