*

牡蠣による食中毒。あたったときの症状と期間は?原因はこれだった。

四季を通じて「牡蠣」は美味しく食べられる食品です。特に冬は鍋料理に頻繁にでてくきますね。

 この「牡蠣」、実は食品衛生法に規定されている「食中毒にかかりやすい食品」なのは皆さんご存知でしょうか?それではその「牡蠣」をどうすれば美味しく、食中毒にかからないように安全に食べられるのかをご説明してゆきたいと思います。

そこで今回は

・牡蠣にあたってしまった時の症状は?

・牡蠣をたべてから発症するまでの潜伏期間はどのくらい?

・牡蠣を食べて食中毒になる主な原因は?

こちらを紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

・牡蠣にあたってしまった時の症状は?

 

牡蠣1

 

先ず、「食中毒」と言いますと、

「腹痛」「下痢」「おう吐」「発熱」

 などが、主な中毒症状として身体の免疫反応に異常を起こす病気なのですが、牡蠣を食べるには中毒にかかりやすい身体つきの人とそうでない人が血液検査では献血などで実施されています。   

・牡蠣をたべてから発症するまでの潜伏期間はどのくらい?

 

牡蠣2

 

牡蠣は食べる「量」よりも「」にあるようです。ですので、たとえ「冷凍牡蠣」でありましても、「小さい牡蠣」でありましても、食中毒に罹りやすい「病原菌」を含んだ牡蠣を食せば免疫力の強弱はあると思いますがかかりやすい人ならば「誰でも」食中毒になるでしょう。

 

 その潜伏期間は人それぞれ異なりますし食中毒にかかる内に「病原菌」の種類にもよりますのでおう吐や熱などをしましたら、牡蠣を食べた時期や場所をノートに書くなどして発症リスクを減らしましょう!

 

SPONSOERD LINK

 

・牡蠣を食べて食中毒になる主な原因は?

 牡蠣は「生で食べられる牡蠣」と「調理用の牡蠣」と大きく分けられてスーパーマーケットなどで売られておりますよね。でも、実際には「牡蠣は牡蠣」ですので「生で食べれば、病原菌の数が少ないだけでありまして調理する段階で例えば「良く手を洗っていてもいない手」で調理したり、台所の「まな板」に載せて調理するだけでも食中毒の原因になるんです!ご存知でしたか?

 

 そのため、牡蠣がどのような形で売られていてもサルモネラ菌等の細菌類が潜伏したまま販売されていますので、基本的には煮物や焼き物を前提として購入した方が牡蠣による食中毒の発生リスクを抑える事が出来るでしょう!

 

 しかし、ここでポイント!なのですが、加熱したり茹でたりして殺菌レベルまで菌を殺菌しても死なない菌も御座いますので必ずしも「熱したから安全だ。」とは思わない方がよいと思います。元々体調不良の時は食べない事をオススメします。

  ・まとめ 

 

牡蠣3

 

生鮮食品全体に共通する問題だと思います。特に生鮮食品の「生魚」などは「刺身」などにして日本の伝統料理として頻繁に食されており、更に海外でも頻繁に食されているだけに生ものに関しては特に注意を払わなければいけない食品であることは間違いないです。食中毒にはそれだけ注意を払いましておいしく牡蠣を召し上がりましょう!

SPONSOERD LINK

 -料理・食品

 

  関連記事

食中毒2

食中毒を予防する3原則とは?お弁当作りのコツや注意点を紹介。

・食中毒予防の基本となる3原則とは? ・食中毒を防ぐ正しい手洗いの方法は? ・食中毒を防ぐお弁当作り

あさり1

あさりの砂抜きを短時間で仕上げるには?失敗しない上手な酒蒸しの方法は?

みなさん、あさりの砂抜きって出来ますか?因みに、私は初めてチャレンジした時に、余り上手くいかず、それ

夏バテ対策1

夏バテ対策に効果的な食べ物は?簡単に作れるレシピや飲み物を紹介。

夏になると「やる気がでない」「だるい」「食欲がない」などの夏バテの症状で苦しむ人も多いと思います。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です