*

食中毒を予防する3原則とは?お弁当作りのコツや注意点を紹介。

・食中毒予防の基本となる3原則とは?

・食中毒を防ぐ正しい手洗いの方法は?

食中毒を防ぐお弁当作りのコツや注意点は?

 

SPONSORED LINK

 

・食中毒予防の基本となる3原則とは?

 

食中毒1

 

毎日食べるお弁当は作りたてはとても美味しく食べる事が出来ますが、時間が経つにつれてお昼頃になると余熱でご飯や具材がふやけてしまうなんて事がよくあります。

 その上、その余熱で出来た水分がご飯やおかずに付着しますとバイ菌が繁殖して「食中毒」を引き起こす原因になってしまいがちですね。

 

 ここで食中毒をいかにして予防するか。基本となる3原則をぜひ実践し、日々の食中毒感染予防に役立てて頂ければと思います。

1.温めて食べるとおいしい食材を多様しない。常温でも十分美味しい食材を使うことです。例えば、和え物やマリネを用いたりする事でクエン酸による抗酸化作用も期待出来ます。

2.プラスチック容器よりも食品衛生管理上、アルミの弁当箱を使う。これはプラスチックですと「ポリプロピレン(通称:PPISOでは記すよう指示が出ております。)の部分や「パッキン」と、呼ばれるゴム状の部分は「シリコン(ケイ素)」が使われております。これは健康上にさし支えない程度なのですが、何年も使って行く内に劣化が進み、弁当箱の中身に空気が入りやすくなり食中毒の原因になりやすいです。

お茶入れの蓋の原理を利用した弁当箱は上からかぶせる形で用いますが、下ろした折にお茶と蓋の部分の空気圧を一気に逃がす役割をしていますそのため、お茶分離式の弁当箱インドでは弁当箱を分離したりアメリカではパックにつめて食べられる食材を昼食にしたりします。)

3.なるだけ遅めに作り、早めに食べる。食中毒予防を施す折にはなるだけギリギリまでスーパーマーケットで売っている惣菜となるだけ遅い、外出する折に合わせるように作り、細菌繁殖が増殖しない内に弁当を食べるのが一番よい方法です!

  
・食中毒を防ぐ正しい手洗いの方法は?

 

食中毒2

 

やはり基本的に食中毒そのものを受け入れない方法は今のところ、お弁当にとってはバイ菌を防ぐ方法が難しいのです!が、しかし!私達でも簡単な方法でバイ菌をやっつける方法があります!

手洗いの方法は単に手の表面を洗うのではなく、指先から手首、腕までを洗う事を言いますが、腕まで洗うのは医療向けやMDRでの作業で利用します。これらの作業は「殺菌」ではなく、「滅菌」に使用します!本来でしたら、病院でも利用しております「ショードック」と、呼ばれる「殺菌用ウェットシート」がオススメです!

 

SPONSOERD LINK

 

・食中毒を防ぐお弁当作りのコツや注意点は?

 

食中毒3

 

日頃、調理をしていますと毎日、同じレパートリーだと調理が楽しくないと思いませんか?そういう方には詰め合わせる「バラン」や「アルミの弁当用おかず入れ」が一般的ですよね。でも、これなら見た目も評判もまちがいなしの方法をご紹介いたします!

 例えば「ウエハース」や「焼いたトースト」など、使いの凝ったものをほったらかしておくのはもったいない!

 

これらをただ詰め合わせに用いるだけでなく、そのものが「食品」として食べる事が可能です。これならお友達と一歩先を目指すお弁当になること100%!まちがいなしです!

 でも、その際に注意しなければいけないのが「食品の色移り」ですね。

 でんぷんやカロテンなどが含有したものですと食品に色移りしやすいですので分けておかずを敷き詰める必要性があります!

 

 次に「保冷剤」をうま~く作る方法をご紹介したいと思います!

 ですが、その際に一つ注意点が御座います。

例えば(グミを凍らせる方法もありますが、良好な保冷効果は期待できません。お弁当のおかず部分しか冷やさない上、冷やした部分の気化熱から生じる蒸気が水滴となって弁当の中身の腐敗を早めてしまいます。

 100円ショップのアルミパックと飲料水を凍らせたペットボトルと弁当を入れて使用すればバイ菌が繁殖しやすい温度にはなりにくいです!また、均等に保冷効果もありますので時間がない場合でも熱々のまま弁当を作り、凍らせたペットボトルと弁当をアルミホイル等で包んでGo!

 清潔を常に保つ事でしょう。先に述べました通り、菌はどこにでも何にでも付着します!基本的に食中毒がかかりやすい環境にお弁当を作れば細菌は繁殖し始めないよう、基本的な対策は先に述べました「食中毒を予防する3原則」を守れば食中毒を最低限に食い止められます!ぜひ、おうちで実践してみてください!

・まとめ

このようにお弁当の食中毒は食品衛生上、防げるレベルではないのですが、弱めたり、予防することは十分可能です!完全な予防を徹底するのではなく、「食中毒とは時には起きてもおかしくないものだ。」と、割り切る覚悟もないといけないという事をもともと、どの食材にも栄養自体が「無機塩類(ミネラル)」や3大栄養素である(たんぱく質、炭水化物そして脂質)がある以上、細菌もそれに群がるのは避けられないのです。

 

 生活するとやっぱりバイ菌が非常に多い!でも、とても脆弱で生きているのが不思議なくらいな生物達。私たちなどの哺乳類と違いまして「単体では生きられない」のがサルモネラ菌やO-157等の細菌類ですので心配する必要はないんです!が、必ずしも起きないとは限らない。「食中毒」ですので予防は大切でしょう!

 

SPONSOERD LINK

 -料理・食品

 

  関連記事

あさり1

あさりの砂抜きを短時間で仕上げるには?失敗しない上手な酒蒸しの方法は?

みなさん、あさりの砂抜きって出来ますか?因みに、私は初めてチャレンジした時に、余り上手くいかず、それ

夏バテ対策1

夏バテ対策に効果的な食べ物は?簡単に作れるレシピや飲み物を紹介。

夏になると「やる気がでない」「だるい」「食欲がない」などの夏バテの症状で苦しむ人も多いと思います。

牡蠣1

牡蠣による食中毒。あたったときの症状と期間は?原因はこれだった。

四季を通じて「牡蠣」は美味しく食べられる食品です。特に冬は鍋料理に頻繁にでてくきますね。  この「牡

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です